選ばれる理由

関西

日本の高層建造物、一位が東京スカイツリー、二位が東京タワー、そして三位がご紹介したいあべのハルカスです。
所在地は名称が示すとおりに大阪府阿倍野区にあって、ハルカスは古語の晴るかすに由来していて、伊勢物語の中に一説があります。
スーパートールとして超近代的なビルでありながら、名称に古典を取り込むなど風流さもある建物です。
またスーパートールとは超高層建造物という意味で、高層建造物の中でも特に高いものをいい、前述したスカイツリーや東京タワーは電波塔なのでこれに値はせず、あべのハルカスの特殊性がわかると思われます。
主な施設は百貨店、フードシティ、オフィス、美術館、ホテル、レストラン、展望台、さらには駐車場も地下にあります。

様々な施設があるあべのハルカスですが、特出すべきは地下二階から十四回まである近鉄本店の百貨店で、こちらは既存の本館とあわせて日本最大の規模になっています。
様々な年齢層をターゲットにしていて、ただ見て回るだけでも一日かけなければいけないくらいです。
さらにはレストランやフードシティ、エステやヘアサロンなどもあります。
専門のアドバイザーもいるので買い物の際には利用してみてください。
また美術館は近代的なもので、多彩な展覧会を開催しています。
それよりなによりも注目してほしいのが展望台です。
日本一の超高層ビル、ここから見下ろせる大阪の街並みは一見の価値があります。
定期的にイベントも開催されているので、何度足を運んでも楽しめるスポットになっています。